ぽんこの雑記

ぽんこ東京住み☀️ ひきこもり万歳! でも吉祥寺・三鷹は好き☃️食べることが好き☃️プリンとお酒が大好き☃️会社員に向かなくてフリーランスに☃️なんでもかんでも書いてます☃️

ぽんこの雑記

【国内旅行記・大阪編②】父娘旅1日目。なんば散歩とおいしいお酒と美味しい食事の夜。

前回からの続きです…
www.poncono.com

鶴橋で食事を終えた後、父を天王寺駅近くのホテルに送り届けチェックインにお付き合い。

f:id:poncono:20180713205423j:plain
わたしと同じ駅にホテルを取れたらもっと都合がよかったんだけど、

わたしが先に予約を済ませちゃってた新今宮駅近くには、父が泊まるようなホテルはなく、度々往復することになりました。

まぁ一駅だったから、そんなに面倒くささはなかったけどね!


父はホテルで少し休憩するってことだったので、わたしも自分のホテルに移動をしてチェックイン。

安宿ではあるのだけど、スタッフさんが親切でとても気持ちよかった◎


荷ほどきをしてお部屋を整えて、少し休憩...。

18時過ぎにまた父をお迎えに行きました。

なんば散歩からの水掛不動尊詣で

生まれてから、32歳で母とお見合い結婚をするまで大阪で暮らし、ここ最近も1年に1回は大阪を訪れている父なので、

あちらこちらに記憶があって、わたしを連れて行きたいお店もあるらしく、案内をするんだ! と張り切ってくれていました。

f:id:poncono:20180713210213j:plain
▲大阪難波駅でどの出口から出ればいいのか悩む父。

f:id:poncono:20180713210236j:plain
目的地はあれど、お店の名前はわからない...。という状態のようで、一旦お散歩することに。

f:id:poncono:20180713210255j:plain
ここで新喜劇やってるのか〜〜!

f:id:poncono:20180713220819j:plain
そういえば昔、辻本さんのことが大好きだったな。

f:id:poncono:20180713221144j:plain
横道に少し入ると、新旧が肩を寄せてる感じ。とてもいい◎


「あ、そうや! 水掛不動さんの近くや! 思い出した」ってことで、父の記憶が戻って来たので、ついでにお詣り。

f:id:poncono:20180713221518j:plain
f:id:poncono:20180713210400j:plain
f:id:poncono:20180713221534j:plain
お不動さんに水をかけてお詣りするのがここのルール? らしく、お不動さんは苔むしてた。

「民芸酒房 牧水」で思い出話に耳を傾ける夜...

f:id:poncono:20180713222018j:plain
父の記憶を辿り...到着したのは「民芸酒房 牧水」。

f:id:poncono:20180713221554j:plain
ひっそりとした静けさと経年を感じる設えで、無意識に背筋が伸びる...。

でも、こじんまりとしたお店ではなくて、2階を含めると100を超える席数があるそう。

f:id:poncono:20180713223229j:plain
食事のお品書きには価格がなくて、わたしなんかはちょっとどきどきしてしまったのだけど、お会計は予想の1/2という衝撃でした...! 本当にびっくりした。

f:id:poncono:20180713223447j:plain
▲生ビールで乾杯。お通しは切り干し大根の明太和え(だったはず...)

f:id:poncono:20180713223633j:plain
▲鯨ベーコン

f:id:poncono:20180713223715j:plain
▲水茄子のぬか漬け

f:id:poncono:20180713223754j:plain
▲お刺身の盛り合わせ

f:id:poncono:20180713223828j:plain
▲島らっきょうの天ぷら

f:id:poncono:20180713223859j:plain
▲日本酒にいく前に...ハイボール

f:id:poncono:20180713224001j:plain
f:id:poncono:20180713224018j:plain
▲笹ずし(サーモンと鯛でした)

f:id:poncono:20180713224112j:plain
▲日本酒(真ん中のは温かいお茶)

ゆっくりと美味しい食事をしながら、おいしいお酒を飲みながら、父と店員のお姉さんがお話をするのを横で聴きながら、おなかも心も満たしました◎


...と言いたいところなんだけど、

父がいち早く、綺麗で優しく感じのいいお姉さんにロックオンをして「お嬢!」なんて呼ぶもんだから、わたしは閉口をするしかない場面も多々あって、

こういう時どういった対応が一番なのかな〜〜なんて考えたりしちゃった。


父は気持ちよく楽しんでるのだし、お姉さんはある程度はお仕事だからと思ってるだろうし、

娘だからと言って水を差すようなことはしたくないしで、隣でにこにこしてるのが正解かな...! と思つつも、

お姉さんが5分も10分も手を止めてじっと父の話を聞いてくれていると、さすがに申し訳なくなっちゃったりする。


女の人が大好きな、父みたいなタイプの娘はどうしたらいいのか...、研究の余地ありです。もう。


でもわたしも楽しかったんだけどね。

あと何回こうして、父と旅行したりできるかわからないから、本当は大満足!って言ってもらいたいんだけど。

わたしの細かさが問題かな〜〜。

☆食べログのリンクを貼っておきます
https://tabelog.com/osaka/A2701/A270202/27001470/tabelog.com



つづく...↓↓
www.poncono.com



インスタやってます。
フォローお願いします◎