ぽんこの雑記

ぽんこ東京住み☀️ ひきこもり万歳! でも吉祥寺・三鷹は好き☃️食べることが好き☃️プリンとお酒が大好き☃️会社員に向かなくてフリーランスに☃️なんでもかんでも書いてます☃️

ぽんこの雑記

2週間の実家帰省で考えたこと。父と母とわたしのこれから。

今年も去年と同様に、北九州の実家に長らく帰省をしてきましたぽんこです。

ただいま東京~♡

f:id:poncono:20180828190636j:plain

振り返ってみると、長く帰ってよかったな〜とも思うんだけど、早く東京に戻りたい...と帰省中に感じたのも事実で、

もしかしたらこんなに長い帰省は今後ないかもしれないな...と思った。

でも、やっぱり、よかったです。



両親のいまの生活を知ること

2週間も実家にいて一緒に暮らすと、両親も娘も猫っかぶりではいられなくて、どうしたって素が出るし、愚痴も出るし、思い出話も出る。

それに非日常じゃない日常が見られるからね、長期帰省ってたまにはいいです。


両親がどれだけ歳を取って、どんな体型になっていて、どれくらいのどんな食事を食べていて、どれくらい動けて、今後についてどんなことを考えてるのか。

そんなことを知れるとね、電話でできる話も膨らむし、声を聞いて理解できる情報も増えるのです。

f:id:poncono:20180813124340j:plain

いままでは妹が両親の近くにいてくれたから、わたしも手抜きをしていた部分があるけど、これからはもう少し頑張っていきたいなと思った次第でした。

年に数回でも、一緒に楽しい!ってなることしたいししてあげたい。

母から娘へキムチの伝授

帰省をしたわたしに母が一番伝えたかったのは、わが家のキムチの作り方だったようで、「これ誰かにちゃんと教えな死ぬに死ねんけん」と言うから、

今回レシピとしてしっかりと情報をまとめて帰ってきました。


そう。母のキムチは美味しいの。美味しい以上に美味しいの。

辛くて甘くてコクのある風味の深いキムチなの。

f:id:poncono:20180828190920j:plain

ヤンニョムの作り方と、それを使った白菜、大根、いかキムチの漬け方を教えて貰ったのだけど、情報を持った途端、キムチ屋さんをしてみんなに食べさせたくなってしまった...。

困ったな。もう絶対儲からない道だとわかってるのに、キムチ屋さんになりたくなってしまったじゃん!

...。

漬けもの製造ができるキッチンが格安家賃で借りられる日が来たらやろうかな。

いや、いつか家を買ったらキムチ製造用のキッチンをかんちゃんに造ってもらおうかな...なんて考えちゃってるよ。

いつか。いつかやりたい。わりと本気めで。


孫が欲しくなる母と、子が欲しくなる娘

帰省のタイミングにお盆が重なってたこともあり、従姉妹のお姉ちゃんふたりとその子どもたちにも会えました◎


7歳上のお姉ちゃんは3歳になった女の子を連れてて、3歳上のお姉ちゃんは生まれて5ヶ月の男の子を連れてたんだけど、

もうそれぞれにすんごいすんごい可愛くて、目が縦になっちゃうんじゃないかって位、目尻が落ちまくったわたし。


従姉妹と別れてから、あーーーやっぱり子ども欲しいな...と改めて思ってたら、

横から母が東尾理子さんのブログを読むように強く勧めてきた。参考になるかもしれんよって。

赤ちゃんを見て母も孫が欲しくなったみたい。...ですよねー。

f:id:poncono:20180813124432j:plain

焦ってもないんだけど、まぁいい歳っちゃいい歳だし、かんちゃんもあと2年で40になるからね。早いに越したことはないよねー。

いい母になれるように頑張るから自然な感じにやってきてはくれないかな...。

病院行くのはまだちょっと気が引けてるよ。

これはもうちょっと様子見!


かんちゃんからのLINEににやにや

2週間の滞在期間のうち、最初の2泊3日はかんちゃんも一緒に実家で過ごして、先に東京に帰ってもらいました。

だから離れてた期間は実質11日間。


その期間、わたしは両親といるから寂しいって感情はあんまりわかなかったのだけど、やっぱりかんちゃんに会いたくなったりはして、

かんちゃんはひとりだったから、寂しかったのかもしれないし、わたしを恋しかったのかもしれない。

一緒に暮らしてるときより頻繁にLINEがきました◎(お互い電話嫌いだから、付き合ってる頃から用事以外での電話はしないのでね)


わたしが買い置きしてた大量の鯖缶で鯖のハンバーグを作ってみたよ。とか、

鯖ハンバーグのせいで部屋が油臭いよ。とか、

エアコンの除湿って温度設定できるの? とか、

親知らず抜いたよ。とか、

風邪ひいたよ。とか。


除湿の温度設定の件は、ここに住んでもう5年経つのにこのひと大丈夫かな...と心配になったけど、ほかはこんな報告もちゃんとするんだなーと可笑しくなった。かわいいやつめ。


母の近い将来の目標

熊本から北九州に引っ越してきて、それまで長らく専業主婦だった母が働きはじめて10年近く経って、いよいよ仕事を辞めることにしたらしい。

(正確には、ここ1,2年辞めたいって会社に言ってたんだけど辞めさせてくれなくてズルズルと来たんだけど、働いてるお店が閉店することになってやっと辞められるらしい)


そしてこれからPCに明るくなりたいらしく、「仕事辞めたらPC教室に通おうかな」と言うから、それは任せてもらうことにした。

幸いにもわたしは、ストレスまみれになって辞めてしまったコールセンターで電話での操作方法のレクチャーを学んだし、Macなら画面共有でいろいろできるし、コピペで教材をうおーっと作ってあげてもいいし。

f:id:poncono:20180813124409j:plain

母が苦手意識がなくPCを触れるようになったら、書きものをするように口説きたい...。

とっても得意で好きなことなはずなのに、続けられなかったことだと思うんだよね。その気にさせたいなー。



うん。

そんな感じ。

以上が、わたしが今回の帰省で得た気持ちの書き残しておきたかった部分。

長く一緒にいないと出てこない話題って多いから、やっぱり帰った意味があったな。

実現はいろいろとこれからだけど、忘れずに怠けずに頑張ろう◎



インスタやってます。
フォローしていただけるとうれしいです◎