ぽんこの雑記

ぽんこ東京住み☀️ ひきこもり万歳! でも吉祥寺・三鷹は好き☃️食べることが好き☃️プリンとお酒が大好き☃️会社員に向かなくてフリーランスに☃️なんでもかんでも書いてます☃️

ぽんこの雑記

【海外旅行記・韓国編④】景福宮「国立民俗博物館」で文化を知る! 無料ピビンパとお餅ありがとう♡

前回からの続きです…
www.poncono.com

3日目の朝は、再び、6:30に掛かってきたホテルの手違いによるモーニングコールで目が覚めました...。

昨日の時点で対処してれば、もう少し眠れたのに...と後悔しても、もう遅い...*_*)) ネムイ...けど、もう寝れない...

朝ごはんを食べに行くついでで、フロントに寄って、モーニングコールを止めてくれとお願いをすることに。


フロントで対応をしてくれたのは、韓国語も日本語も通じない英語圏のスタッフさんだったので、

翻訳アプリを使って、2日間連続で6:30にモーニングコールが鳴っていることを伝えて、明日は止めて欲しいことを話したら

心底申し訳ない顔をして、OK〜OK〜!担当スタッフに伝えとくよ!って対応をしてくれて一安心◎

明日はゆっくり眠れるね、翻訳アプリってすごいね! と、母と気持ちのよい1日の始まりを迎えることができました☆



大雨に負けず...国立民俗博物館で、伝統的な生活と文化を知る!

夜中に雨が降った形跡はあれど、ホテルを出発して最寄駅まで歩く間は “晴れ間が見えそうな曇り空” で、天気予報からも雨マークは消えてたんだけど...、ダメでしたね。

3日目の今日は、博物館を2箇所巡るのが目標...!なのに、光化門駅に着いたら大雨でした...。


ゲリラ豪雨的な大粒の雨で、霧っぽくなって遠くも見えないくらいの状況だったから、

どこかの地下街で買い物でもする? そんで昼くらいに雨止んだら博物館巡りに挑戦する? と提案してみたんだけど、母の気はそぞろ。

駅内のコンビニで傘は売ってるみたい...。

頑張る...? 行っちゃう...? ということで、直径70cmの大きな傘をふたつ買って大雨との戦い開始です。

f:id:poncono:20181103141048j:plain
▲雨に濡れたくない母は、傘を深く被り過ぎて前もよく見えてない。

目指すは、景福宮敷地内にある「国立民俗博物館」。

光化門駅から徒歩15分くらいの距離を、靴が濡れないように気を付けながらゆっくりゆっくり進みます...。

途中の光化門広場ではイベント準備中のようだったんだけど、大雨のためにみんな雨宿り待機をしてました。

f:id:poncono:20181103143752j:plain
f:id:poncono:20181103143814j:plain
▲テーブル上の調理道具も、見事にビショビショ。大丈夫かな...。

f:id:poncono:20181103144006j:plain
▲帰るときに晴れてたら、寄り道してみようと母と約束。

f:id:poncono:20181103145129j:plain
▲だんだんと雨足は弱まっていったけど、チョゴリ体験の方たちは本当に大変そうだった*_*))

f:id:poncono:20181103145559j:plain
そんなこんなで、国立民俗博物館に到着!

この頃にはもうほぼ雨も上がっていて、靴も浸水せずに済みました◎ よかった...!

f:id:poncono:20181103152101j:plain

この国立民俗博物館では、この↓3つの常設展示を見ることができます。

  • 先史時代から現代に至るまでの、韓民族の生活の移り変わり
  • 朝鮮時代(1392~1910年)の人々の日常生活
  • 朝鮮時代の貴族階級である人々が、生まれてから死ぬまでに経験する様々な儀礼


言葉が分からないので、詳細まで理解することはできなかったけど、キャプションの英語を見れば何となくの理解はできるし、

みっちり2時間は見て回れるボリュームの大きい展示で、とても面白かったです!!

そのなかの一部、わたしがひと際興味を引かれたものをご紹介します◎

f:id:poncono:20181103153248j:plain
f:id:poncono:20181103153804j:plain
▲麻の布で作られた夏の着物。脇当てと股当てが付いていて、見た目重視じゃない実用性が見て取れる。いいな。

f:id:poncono:20181103154226j:plain
▲手前の筒は腕にはめて、右の板みたいなのはチョッキみたいに肌に着る下着。暑さを和らげるために、着物が肌に触れないようにするものらしい。

f:id:poncono:20181103154735j:plain
▲真ん中の四角い木枠は、麺を作る道具らしい。とうもろこしの粉を練って木枠に入れて、ところてんみたいに押し出して麺を作ってたみたい。

f:id:poncono:20181103154952j:plain
▲右の漢数字が書かれた棒は、掛け算をする道具らしい...。しばらく見てたんだけど、どういう仕組みかは分からなかった。

f:id:poncono:20181103155118j:plain
▲将棋っぽいもの、囲碁っぽいもの、チェスっぽいもの...?

f:id:poncono:20181103155308j:plain
▲なにこれ怖っ! と思ったら、ツボの位置? を示す模型らしい。結構衝撃的見た目。

f:id:poncono:20181103155511j:plain
▲いろんな種類のキムチサンプル。茄子のキムチという存在を初めて知って食べたくなった。おいしいだろうな。

f:id:poncono:20181103155800j:plain
f:id:poncono:20181103155823j:plain
▲結婚式の実物大展示。素敵...♡

f:id:poncono:20181103155925j:plain
f:id:poncono:20181103155937j:plain
▲何かのお祝い...。長寿のお祝いだったかな...? わたし食品サンプルが大好きなので、もうこのビジュアルに、高まるものがありました♡♡♡

はい、

次が最後です。

f:id:poncono:20181103160649j:plain
わたしと母が一番長く長く時間を要して眺めたのは、韓国の祭祀(チェサ)で用意される料理の数々です。(祭祀とは日本でいう法事みたいなもの)

こんなに豪勢じゃないけど、わたしが子どもの頃、祖母、母、叔母が集まって年に1回準備してたな〜と思い出しました。

並べ方や、盛り方、用意するべき食材や料理、いろいろと約束事があって、当時はちんぷんかんぷんだったことも、いまは面白い文化だと思えるのだから不思議。

f:id:poncono:20181103161611j:plain
母と順々に、これは梨やね、干し柿やね、ピーナッツやね、大根のナムルやね、と確認しながら見てたのだけど、

ほうれん草のナムルの右隣にある “黒いびろびろした何か” だけは、全く分からず...。

f:id:poncono:20181103162319j:plain
見本を見ても、25番は「쌈」(サム:包むものの意)としか書かれてなくて、途方に暮れてしまったんだけど、

見た目からして、たぶん切ってないセンマイ(牛の第三胃)だろうという結論を出しました。事実はわからないけど...。

シャッター押しまくりスポット!屋外展示「思い出の通り」

そんな風にじっくりゆっくり博物館を堪能して、外に出てきたらすっかり晴れてました◎

f:id:poncono:20181103164700j:plain
▲傘に付いた雨を乾かしたいと言って、晴れてるのに傘を差す母。

ついでだから、

博物館のすぐ隣にある、1960~70年代の鍾路の街並みを再現した屋外展示「思い出の通り(チュオゲコリ)」も見て行くことに。

f:id:poncono:20181103165140j:plain
このスポット、ドールハウスが好きなひととか、模型が好きなひととか、ジオラマ好きなひととか、食品サンプル好きなひととか...、たくさんのひとに堪らない場所だと思う!!

わたしここに根を張りたいくらい大好きだったよ。

f:id:poncono:20181103165206j:plain
▲床屋

f:id:poncono:20181103165659j:plain
▲幼稚園かな..?

f:id:poncono:20181103165801j:plain
f:id:poncono:20181103165833j:plain
▲ごはん屋

f:id:poncono:20181103165936j:plain
f:id:poncono:20181103165955j:plain
▲商店

f:id:poncono:20181103165738j:plain
原寸展示なんだけど、なんだかミニチュアの世界に入って入ってしまったような錯覚をしてしまう場所でした...♡ 魅力的すぎた。


少し移動をすると、昔の家屋の原寸展示も。

f:id:poncono:20181103170153j:plain
f:id:poncono:20181103170355j:plain
f:id:poncono:20181103170411j:plain
韓国のドラマでもたまに見るけど、この中庭を囲むように建ってる家の造りってすごくいいなと思う。家族のコミュニケーションが密になりそう。

大きな土地が必要になるだろうけど...、すんごく田舎でもいいから、こんな家で暮らしたいな〜。(かんちゃーん、わたしはこんな家に住みたいよー!)



「食」のイベントに寄り道...。無料ピビンパと餅でお昼ごはん♪

f:id:poncono:20181103170951j:plain

博物館を後にして駅に向かっていると、

午前中には雨で残念な状態だった光化門広場も、わいわいとイベントが行われているのが見えたので、ちらっと寄り道してみることに!

f:id:poncono:20181103182714j:plain
f:id:poncono:20181103182827j:plain
f:id:poncono:20181103182847j:plain
会場では、食関係の企業や学校が展示をしたり、コンテストが行われたりしているようでした。

f:id:poncono:20181103182202j:plain
f:id:poncono:20181103182307j:plain
巨大なピビンパを作って配っている団体もあって、ちゃっかりいただきました♡(このピビンパ、お世辞抜きに美味しくてびっくりした。辛さもちょうどよくて、丼一杯食べたいくらいだった...!)

手渡してくれた男の子が、母とわたしが旅行者だと分かったみたいで「Where are you from?」と聞かれたので「JAPAN!」と返したら、

ジェスチャーと共に、「(このピビンパ)美味しい!」と日本語で笑顔を向けてくれて、嬉しくなった◎ よい思い出をありがとう:)♡

f:id:poncono:20181103183431j:plain
f:id:poncono:20181103183443j:plain
かぼちゃのアート彫刻実演を眺めながら、ピビンパを完食して...、

f:id:poncono:20181103184029j:plain
駅方向に移動をすると、餅つきしているのを発見。

f:id:poncono:20181103184008j:plain
f:id:poncono:20181103184043j:plain
今度はきな粉餅をいただきました♡ (椅子まできな粉溢れまくり。笑)

お餅がつき立てで、とろとろもちもちで最高に美味しかった...!!


母は、友だちとたまに韓国旅行に来ているそうなんだけど、

友だちとは市場の屋台ごはんを食べたり、露店で食べ歩きしたり、ましてやイベントのごはんで1食を済ませるなんてことはできないみたいで、

「こんなたくさんのひとと、同じタイミングで同じものを食べたことなんてないかもしれん。すごいね!」と終始楽しんでいました。

箱入り娘を連れ出した...みたいな気分だったよ。

f:id:poncono:20181103184845j:plain
行き当たりばったりでお邪魔したイベントだったけど、わたしも楽しかったなー! ごちそうさまでした◎


つづく...


インスタやってます。
フォローしていただけるとうれしいです◎