ぽんこの雑記

ぽんこ東京住み☀️ ひきこもり万歳! でも吉祥寺・三鷹は好き☃️食べることが好き☃️プリンとお酒が大好き☃️会社員に向かなくてフリーランスに☃️なんでもかんでも書いてます☃️

ぽんこの雑記

【顎下型ガマ腫】大学病院に行ってきた…けど、答え出ぬまま一ヶ月の我慢が決定…。

こんばんは、ぽんこです。

今日診察今日記録でちょっと気持ちが高ぶっているのでね、今回言葉遣いがアレですがご了承ください…。

もう、たまらんかった!!!

この記事↓↓の続きです。
www.poncono.com


本日、とりあえず、いち早くこの腫れた舌下と顎下から解放されたくて、大学病院に行ってきました。


今日の今日で処置は無理でも、治療の方向性や、治療にかかる期間くらいは教えてもらえるかな〜。

顔の腫れが引いてくれないと、お正月前に美容院行くのも抵抗あるもんな〜。

一時的な処置でも、前みたいに縫い目つくってくれたりしないかな〜。

なんて、甘いことを考えてたんだけど、砕け散ったわ。

あれ、嫌な予感…。

病院に到着後、受付を済ませて待合席で本を読んでいたら、どうも行き交う先生たちの様子が前回と違う気がして、ちょっと嫌な予感…。

出てくる先生、出てくる先生、みんな若過ぎるの…。

20代前半も前半。みんな超フレッシュな感じ…。

担当の先生は、今日外来にいないことはわかってたけど、わたしの対応してくれる先生ももしかしてこの若い彼らなの…?*

やばい…、ちょっと安心できない…。

*初診扱いなので、先生を指定しての予約ができないのです。


そして呼ばれて診察室に入ったら案の定、お肌ツヤツヤの先生が待っていました。

症状を説明して、口内も診てもらったけど、ふわふわした回答ばかりで的を得ない…。

それに、わたしの口の中を触って、唾液が付いたままの手でカメラを取って、口内の写真を撮って、そのままPCに記録して、わたしの顎下を触診。ってなんなのか!?

唾液の付いた手袋はすぐ外してよーーーー!!!

自分のだって嫌だわ。勘弁してよー。


そして今後の治療や処置について、何の説明も、治療の選択肢もないままに、

「穴を開けて溜まった液体を出すことになりますが、それでいいですかね?」と。


…はい?

いいもなにも、わたしが分かるわけないじゃん!

てか、どうやって穴を開けるのかも聞いてないし、それで治る説明もないのに了承できるわけないじゃん。

それでいいですかね? って、なんなんだ。


っていう心の声は胸におさめて、


「以前舌下が腫れたときに、穴を開けるってことで縫い目をつくっていただいたんですが、その糸はすぐに取れてしまって結局治らなかったんですよね…。

それに、今回は顎下も腫れてるんですけど、(穴を開ける方法で)大丈夫ですかね?」

と聞きました。

ここは近所の病院じゃないんです。適当な診断で何回も通院するはめになるのは、可能な限り避けたい!!


すると先生、近くにいた先輩らしき先生とこそこそ相談した後、

「MRIを撮ってガマ腫のサイズを一度調べて、その結果によって治療法を検討したいと思います。」と改め。

そうよね、普通そうだわ。

もちろん了承です。お願いします。


ってなわけで、MRIを撮った後に、担当の先生に診断してもらうことになったのですが、

年末だからなのか、とっても混み合っているようで

MRIを撮るのに2週間待ち、担当の先生の診察は年明け(約一ヶ月後)という、残念なことに。


もっと早く口腔外科にかかってればこうはならなかったのに…と思わずにはいられません。

自分のせいなので、仕方ない。


ってことはだ、

この顔のまま美容院に行かなきゃいけないし、

この顔がお正月の写真として残るし、

この不快感をまた一ヶ月我慢しないといけないわけだ。


ため息ものだわ。最悪!!


…がんばります。

あ、あと、最後に弁解をさせてください。

もちろんお医者さんも、大学で学んで、病院で経験を積んで、っていうのは理解しているので、若い先生に毎回カッカしているわけではないですよ。

つらさが募った結果、穏やかではいられなかったというお話です。…弁解になってないな。ま、いいか。


その後はこちら…
www.poncono.com


インスタやってます。
フォローお願いします◎